三便宝,五便宝,巨人倍増,威哥王,Wenickman,狼一号,三鞭粒
現在の位置: ホーム > 精力剤 > 体調不良で一瞬ふらつくよう、どうすればいい
体調不良で一瞬ふらつくよう、どうすればいい
媚薬激安 / 2012-07-24

頻繁に起こるようなときは平衡感覚に関係する神経や脳に障害を起こす疾患を疑う必要があります。ふらつきは、平衡感覚を失って足取りがおぼつかなくなる状態です。アルコールを飲みすぎると、脳内のアルコール濃度が高くなって、ふらつきや吐き気、嘔吐などの酔いの症状があらわれます。次の日になっても、アルコールが体内に残っている場合は、二日酔いの症状としてふらつきが起きることがあります。朝食を抜いたり、栄養バランスが偏ったりした食生活や、疲れ、睡眠不足によって、ふらつきが起こることがあります。これは十分な栄養の補給、休息で治まる一時的なものです。
立ち上がるときは、自律神経が心臓に作用して血圧の変動を調節しています。この自律神経が十分に機能していないと、急に立ち上がったときに血圧が下がり、脳に送られる血液の量が一時的に少なくなることでふらつきが起きます。車や電車、船などに乗ったとき、乗り物酔いを起こすことがあります。これは乗り物の揺れやスピードの刺激が体にとって「限界」を超えると、異常として脳に伝わり、胃や腸や心臓、血液などをコントロールしている自律神経に変調をきたすことによるものです。ふらつき、吐き気などの症状とともに頭重感、生つばやあくび、冷や汗が出て、顔色が蒼白になり嘔吐を引き起こすこともあります。脳梗塞は脳の血管内腔の動脈硬化が進行し、血管が狭くなっているところに血液の塊が詰まることによって血流が止まり、脳の組織が破壊される疾患です。血液の塊が詰まると、片側の手足や顔の麻痺、意識障害や言語障害などの症状があらわれます。約3割の人に発作の前触れがあり、ふらつきや舌がもつれるなどの症状が起こります。脳内の血管が破れて脳の中に出血による血液の塊ができる疾患です。出血が起きると、ふらつきによってまっすぐ歩けなくなったり、意識障害や手足の片方の麻痺が起こったり、徐々に強くなる頭痛などの症状があらわれ、言語障害や手足の麻痺などの後遺症が残る場合も少なくありません。
健康な人でも急に立ち上がったり起き上がったとき、立ちくらみすることがあります。この立ちくらみが日常の動作の中で頻繁に起こるような場合は起立性低血圧症が疑われます。これは自律神経の一時的な障害で、急に立ち上がった時に脳の循環がとどこおり、血液が下半身に停滞してしまって、低血圧と脳の血流不足が起こるために起こります。クラクラとする立ちくらみや目の前が暗くなったり、ひどい時は気を失って倒れることもあります。不安や緊張、抑うつなどの心のトラブルにより、吐き気をはじめ多汗、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、ふらつき、不眠などの症状があらわれます。あらわれる症状は人によって大きく違うのが特徴です。