紅蜘蛛,D10 媚薬,花痴,小情人,絶對高潮,美人豹
現在の位置: ホーム > 精力剤 > 飛蚊症や目のかすみ、視力の低下や頭痛、失明に繋がることもある危険な疾患です
飛蚊症や目のかすみ、視力の低下や頭痛、失明に繋がることもある危険な疾患です
媚薬激安 / 2012-07-24

:網膜剥離では、視野が急に狭くなったり、浮遊物の数や大きさが極端に増したり、光が走るといった症状もあらわれ、重篤な場合は失明に至ることもあります。網膜剥離には、網膜裂孔から進行する原性網膜剥離と、突然網膜が剥がれてしまう症候性網膜剥離があります。実際には何もないのに、小さな虫が飛んでいるように見えたり、糸くずのようなものがフワフワ浮いて見えたりする症状のことをいいます。浮遊物は黒を始め、灰色や透明であることが多く、形状は人によって見え方が異なります。
原因は先天的なものもありますが、加齢などによって眼球の中の硝子体(しょうしたい)と呼ばれる部分に濁りが生じ、その影が網膜にうつることが主な原因です。まれに、生まれつき硝子体が濁っていることがあります。この場合、幼いころから飛蚊症があらわれますが、とくに心配する必要はありません。通常は接しているはずの網膜と硝子体が、加齢や強度近視などの原因によって分離し、徐々に離れていく疾患です。
剥がれた硝子体の一部が網膜に映って、飛蚊症が生じます。多くの場合はとくに心配いりませんが、飛蚊症の浮遊物が急に増えたり、大きくなったり、光がチカチカと見えたり、光が走るようなときは、網膜裂孔や網膜剥離に進行する恐れもありますので、注意が必要です。飛蚊症や目のかすみ、視力の低下や頭痛、目の痛みなどの症状があらわれます。炎症が強かったり、再発を繰り返すような場合は視神経にも影響が及び、失明に繋がることもある危険な疾患です。網膜が裂け、穴が開くのが網膜裂孔です。これは網膜剥離の初期症状で、穴が開いたところから網膜が眼底から剥がれると、網膜剥離へと進行します。網膜裂孔では、軽い飛蚊症があらわれます。